頚肩部の治療(按摩マッサージ指圧・はりきゅう)の一例を、可能な範囲でご紹介します。

順に、主訴が身体の上部にあるお悩みから、ご紹介致します。


※掲載が少ない事がありますが、順次、更新致していきます。

※読み仮名や漢字変換が難しい場合は、カナ表記しています。


★肩凝り(何かに引っ張られる様な)

女性。両頚肩部~両手掌手背全体に、重だるい感覚があり、手が思う様に伸びない様に思える。風邪気味か、喉の痛みがある。

・治療

全身の緊張緩和を解く目的で、指圧マッサージを数分。その後、中カン、次リョウ、身柱、天宗、左陽池、合谷、曲池、陽陵泉に透熱灸を数回繰り返す。

大椎の真横に喉の様子を伺いながら、透熱灸を繰り返す。

京門、次リョウに鍼治療。

・治療穴

鍼:京門、次リョウ

灸:中カン、次リョウ、身柱、天宗、左陽池、曲池、合谷、陽陵泉

・予後

喉の痛みは80%程度緩和。

腕が軽くなり、何かに引っ張られる様な感覚が無くなった。以後は、メンテナンス的な受診を推薦。


★歯痛

歯科治療を受診したのち、数日経過し歯が痛くなってきた。後頭部の筋肉の緊張が強く、血圧もやや高く、循環器科に通院中。

・治療

天井・厥陰兪(上歯)、温ル(下歯)、身柱、左陽池、中カン、肩井に灸治療(透熱灸)を数回繰り返す、ジュ兪に鍼治療。

・予後

歯痛は80%程度緩和。後頭部がスッキリした感覚がある。


★ぜんそく

病院でぜんそくと診断を受け、治療をしているが治らない。顔面部のできものもあり、下腹部の冷えあり。

・治療

中カン、左陽池、梁門、下カン、気海、手三里、ゲキ門、胆陽関への透熱灸を繰り返す。

京門、天宗、中リョウへ透熱灸。

・使用穴

灸:中カン、左陽池、リョウ門、下カン、気海、手三里、ゲキ門、京門、天宗、中リョウ

・予後

発作が止まる。以後は2日後の来院、その後はメンテナンス的な受診を推薦。


五十肩

整形外科で五十肩との診断。

・治療

五十肩のストレッチ、指圧マッサージののち、左陽池、身柱、中カン、京門、天宗に透熱灸。腎兪のやや外、腫れの部に鍼治療。天宗のやや上、陽陵泉、委中に鍼治療。

・治療穴

灸:左陽池、身柱、中カン、京門、天宗

鍼:腎兪、天宗上、陽陵泉、委中